健康サポート

フォトギャラリー

携帯版URL送信フォーム

山根耳鼻咽喉科

〒101-0047
東京都千代田区内神田3-16-4
吉和ビル2階(内神田中央通り)
電話:03-5298-7877
Fax:03-5298-7876

診療時間

午前 10:30〜13:00
午後 15:30〜18:30
(水曜は午前11:30〜14:00 院長 午後 15:30〜18:30 担当医)

休診日

土曜・日曜・祝日

 

詳しい地図を見る

 

診療案内

がんのお話

のどのがん

最も多いのが、喉頭がんです。男性が9割を占めますが、喉頭がんの殆どの人に喫煙歴があります。過去に喫煙習慣があって、声のかすれが数週間も続く場合や、のどの異物感や違和感をしばしば経験する場合には、出来るだけ速やかに耳鼻咽喉科専門医の検診を受けてください。

同様の症状は喉頭の周囲にある咽頭がん(下咽頭がん)でも起きます。特にアルコール濃度の高いお酒を好む方は要注意です。舌や口腔、軟口蓋、扁桃のがんも多いのですが、初期にはほとんど自覚症状がないため、自分で鏡を見たり指で触って発見するケースが多いようです。

咽頭の1番上の部分のがん(上咽頭がん)では、滲出性中耳炎がしばしば見られます。鼓膜の内側の中耳腔に血清のような滲出液が溜まり、耳が塞がった感じと難聴が起きます。首の横にできた固いしこりに触れて、初めて見つかることもまれではありません。

鼻のがん

片側の鼻が常に詰まっていたり、鼻をかんだときに血液の塊がときどき混じる場合には、鼻腔やそれに連なる副鼻腔の悪性腫瘍の可能性があります。

内視鏡やX線CT、MRIなどの検査を受けておいた方が賢明です。

首のがん

耳の下や顎の下、首の横のしこりは耳下腺や顎下線といった唾液腺の悪性腫瘍や、体のどこかにできたがんがリンパ節に転移した可能性があります。一般に悪性のものは良性のものと違って、固くゴツゴツした感触です。表面の皮膚や付近の筋肉に癒着して動かしにくくなってきます。

こうしたしこりを見つけたら、すぐに診断を受ける必要があります。